【プレスリリース】6割が成果を実感!環境整備・教員研修の実施がカギか~小中高における「アクティブラーニング」の導入実態調査~


【プレスリリース】6割が成果を実感!環境整備・教員研修の実施がカギか~小中高における「アクティブラーニング」の導入実態調査~


学校向けに教材とシステムを統合した良質な教育ICT環境を提供する株式会社Z会ラーニング・テクノロジ(事務所:東京、代表取締役:工藤 敏幸)は、株式会社デジタル・ナレッジが運営するeラーニング戦略研究所と共同で、2015年10月、アクティブラーニングを導入している小・中・高校教員100名を対象に、アクティブラーニングの実施状況についてアンケート調査を実施しました。

 

その結果、小・中・高校で実施されているアクティブラーニングの手法は 「グループワーク」79%、「問題解決学習」59%、「ディスカッション」56%の順に多く、学年・科目を超えて多方面的に活用されている状況が明らかとなりました。とくに、小・中学校の9割近くが「全学年」でアクティブラーニングを取り入れており、学校を挙げて取り組んでいる導入校が多い様子が読み取れます。

 

アクティブラーニングの実施に際し、環境整備や教員研修はどの程度行われているのでしょうか。アンケートの結果、過半数の教員が「環境整備・設備導入は行っていない」と回答しました。一方で、7割の教員が「研修への参加」「勉強会・模擬授業の実施」といった“指導力向上の取り組み”を行っていることが明らかとなりました。このことから、既に学校にある設備・環境内でアクティブラーニングを導入し、そのうえで、教員の指導力を重視し強化している学校が多いものと推察されます。

 

気になるアクティブラーニングの成果は、「主体性が身に付いた」「理解度が高まった」など実に6割の教員が「成果があった」と回答しました。なお、「成果があった」と回答した教員は、“環境整備・設備導入率”および“指導力向上の取り組み実施率”が高い傾向が見られ、これらがアクティブラーニングを効果的に実施するうえで重要な意味をもつ可能性も考えられます。また、地域によってアクティブラーニングの導入手法や成果にバラつきが見られたのも興味深い点といえるでしょう。

 

本アンケート結果が詳しくわかる調査報告書を無料ダウンロードいただけます。
以下のお問合せフォームよりお気軽にご連絡ください。
https://zlt.co.jp/inquiry